段階的な不妊治療で子供を授かろう|葉酸から人工授精まで

1年間を過ぎたら

頭を触る女性

結婚してから、何年も経っているのに妊娠しないという夫婦がいます。また、年々時間が経っていて、夜の営みも普通に行なっているのに妊娠する気配がないと悩んでいる夫婦も多くいます。その場合は、不妊症の可能性があります。一般的には、1年間性生活をしっかり送っていれば妊娠する確率は高くなります。しかし、1年間経っても妊娠しない場合は、不妊症の可能性があります。そのため、夫婦間で正常な性生活を送っている人で妊娠しないという人は不妊症の疑いがあるので、大阪の病院にいって不妊治療を受ける必要があります。

不妊症は、他の病気と違って反応が出てきにくいものです。お腹が痛くて我慢できないといった症状もありません。また、どこかが腫れてくることもありません。そのため、不妊症の検査は精密な検査が必要になります。更に、女性だけでなく、男性に原因がある場合があります。それは男性の精子異常というケースの場合です。そのため、大阪の病院では、女性だけでなく、夫である男性の検査をすることがあります。また、大阪の病院で不妊治療をするときには、基本的な検査をします。そこで、何も原因が見当たらなければ、排卵日に合わせた処置をしていきます。不妊治療の内容は様々ですが、最初は葉酸の摂取といった簡単なものから行われます。葉酸だけで効果がない場合は、排卵誘発剤を取り入れたり、人工授精を行ったりといった流れでだんだんとステップアップしていくでしょう。このように段階的な治療を行うことで、多くの方が子供を授かることに成功しているのです。

不妊だと思ったら

カウンセリング

妊娠しない時は病院で不妊治療を行うという選択肢も必要です。特に女性は妊娠出来る年齢が限られているので、適齢期を過ぎたら早めの治療が鍵になります。年齢が上がるほどリスクも上がるので気を付けなければなりません。

もっと見る

高齢出産の増加に伴い

医者

晩婚化により初産の年齢も引き上げられていますが、年齢が上がると妊娠力は低下するので、タイミングを合わせても妊娠しない場合は病院で不妊検査を行いましょう。検査結果によっては不妊治療をスタートさせた方が良いかもしれません。

もっと見る

赤ちゃんを授かるために

カウンセリング

不妊治療には、様々な段階があり、身体的な負担だけでなく、金銭的負担も大きいのです。金銭的な負担を少しでも軽減するためには、県や市が行っている不妊治療の助成金制度を活用しましょう。助成の対象となる病院は限られているので、しっかりと調べることが必要です。

もっと見る