赤ちゃんを授かるために|段階的な不妊治療で子供を授かろう|葉酸から人工授精まで

段階的な不妊治療で子供を授かろう|葉酸から人工授精まで

赤ちゃんを授かるために

カウンセリング

どのような治療を行うのか

赤ちゃんが欲しいがなかなかできないと悩んでいる方は、まずは少しでも早く不妊治療専門の病院に行ってみてください。何も分からず不安だとしたら尚更、とにかく専門の病院にいってみて、少しでも早く治療にとりかかることが、妊娠の確率を高める上でも重要です。不妊治療にも、タイミング療法、人工受精、体外受精、顕微授精など様々な段階があります。排卵日を予測して性交を行い、後は自然に任せるといったタイミング療法から、最終的な段階では、ガラス管を用いて、精子を卵子に注入して受精させる顕微授精まで、身体的負担や金銭的負担も全く異なってきます。また、不妊治療は女性だけでは決してできません。男性の積極的な治療への参加が必要不可欠です。

経済的負担の軽減のために

不妊治療を行う際、治療の段階が進むほどに治療費も跳ね上がり、大きなハードルになってきます。何十万、何百万円という金額がかかることを覚悟する必要があります。最近は、不妊治療に対する支援策がどんどん新しくなっていますので、県や市が行っている不妊治療の助成金制度についてしっかりと知識を得ておきましょう。まずは、助成金支給の対象となる病院が限られていますので、ご自分の住んでいる県や市で対象となっている病院を調べてみましょう。自治体によっては、不妊治療だけでなく、不妊検査の段階から支援を行っているところもあります。不妊治療は、保険が効かない治療が多いので、このような制度を利用しながら少しでも負担を軽減しながら継続することが必要になってきます。