高齢出産の増加に伴い|段階的な不妊治療で子供を授かろう|葉酸から人工授精まで

段階的な不妊治療で子供を授かろう|葉酸から人工授精まで

高齢出産の増加に伴い

医者

クリニックでの治療

近年は晩婚化が進んでいるという事もあり、出産年齢も引き上げられています。初産の平均年齢が30代を突破したということもあり、昔よりも不妊治療を行う人の割合も高まっていると言って良いでしょう。女性は35歳を過ぎたら高齢出産と定義づけられていました。しかし、晩婚化により高齢出産の年齢が上がっているのですが、35歳を過ぎたら卵子が一気に老化するという事は頭に入れておいてください。子供が欲しいと思った時にはすでに自然妊娠が難しくなっているケースもあります。自然妊娠が難しくても病院で不妊治療を行えば妊娠することも可能です。高額な費用が掛かる治療もありますが、助成金を受けることが出来る場合もあるのでお住いの役所に確認しておきましょう。

治療による効果

不妊治療を行えば確実に妊娠出来る訳ではないのですが、妊娠の確率はグンと上がります。病院によって治療の仕方が多少異なりますし、治療方針もことなりますので、信頼できる医師の元行うのが一番です。不妊治療が行える病院は増えていますから、合わないと感じたら別の病院へ転院することも考えてください。不妊治療を始めてすぐに妊娠するひともいますし、長年治療を行っているけれども妊娠に至らないこともあります。こればかりは授かりものですから何とも言えないのです。適度に夫婦生活を行っていればその分妊娠の可能性も高まります。多忙な生活を行っていると夫婦生活もタイミングを合わせにくくなりますので、そういった場合もクリニックを利用して排卵日を特定してもらいましょう。